アトラスコンピュータ

〒110-0016 東京都台東区台東2-5-1 NOEビル5F

サーバの最適化でコスト削減!
コスト削減できるところはないか。
そうお考えの企業様、ぜひ一度「サーバの最適化」をご検討ください。

いつの間にかコスト高になりがち

5年から10年ほどサーバには触っていない。
そんな企業様なら、固定費削減のチャンスかもしれません。

企業経営においてコスト管理は大きな課題のひとつ。
最も効果的なのは固定費の削減ですが、最も難しいところでもあります。
人件費、家賃、光熱費…。見直せる場所はすべて見直した。
そうお考えの企業様でも、実は忘れがちなコストがあります。
それがサーバ費用なのです。5年から10年ほどサーバには触っていない。
そんな企業様なら、固定費削減のチャンスかもしれません。

サーバ最適化が必要なケース

CASE1 よく分からないものだからオーバースペックに

サーバはよく分からないもの。
だから、「これくらいのスペックがあれば大丈夫だろう」と必要以上のサーバを 導入するケースが多いもの。このため費用がかさみ、経営を圧迫している場合があります。

CASE2 複数のサーバを使用

サーバ1台ごとの性能を向上させるため、複数のサーバを連結して運用する。
あるいは部門ごとにサーバを設置し、処理速度の維持を図る。

……どちらもひと昔前によく聞いたフレーズです。
しかし、当時このような手法が主流だったのは、個々のサーバが非常に貧弱だったため。
しかし、サーバはあまり注目されない部分でもあり、 当時の非力なサーバを複数運用されているお客様が多いようです。

CASE3 古いサーバを運用

PCが年々進化しているように、サーバもまた進化しています。
10年前と今を比べるなら、もしかしたら性能はPCの進化度合いを はるかに超えているかもしれません。

結果「ケース2」でご説明したような状況も発生しています。
また、サーバ単体の運用コストを見ても、古いサーバは非常に高額。
性能とコストが見合わない状況が散見されます。

サーバ最適化の方法

STEP1 運用目的の確認

サーバをどのような目的でご利用になっているのかを確認します。
実は「サーバの最適化」とは、この運用目的に「最適化」する作業でもあるため、 運用目的の確認は非常に重要な作業です。

STEP2 サーバ環境の確認

サ現在運用されているサーバの性能、台数、負荷状況などを確認します。

STEP3 適正サーバのプランニング

皆様の運用目的と運用状況、そしてコスト削減を念頭に、 最適なサーバ環境をプランニングいたします。

「杜の都サーバガーデン」では、コスト削減を目指し、原則としてオープンソースを活用した サーバ構築を実施しています。

これが「SGAYLER」が行うサーバ最適化の流れです。
困難と思われていた固定費の削減の道が開けるかもしれません

企業ホームページ

Menu